FX 結局なにを抑えればいいのか?大事な用語や手法について

Pocket

今回はFX取引(外国為替証拠金取引の)初級編ということで覚えておかなければいけない用語や取引手法などについて記事にしていこうと思います。

FX(外国為替証拠金取引とは)

他の国の通貨(アメリカドル)や(ユーロ)などを売買するものを『FX』と呼びます。ざっくりすぎて分からないという方の為に、もう少し詳しく説明をさせていただきますと…

例えば1ドル100円の時にアメリカドルを買ったとして、その後1ドル110円になったとします。その10円分の差額が利益となる仕組みです。

ちなみに用語に関しては後程、説明させていただきますがFXには通貨ペアというものが存在します。アメリカドルを買うということはなにか他の通貨を売っているということになるのです。

例を挙げますと、ドル円の通貨ペアを買ったとします。そうするとドルを買って同時に円を売ったことになるのです。

つまり、今回の場合は円に対してドルの価値が上がれば利益になり、ドルの価値が下がれば損失になるということです。

これを知っておかなければ始まらない!?重要なFX用語

さて『FX』とは一体なんなのかをある程度、理解していただいたところで取引を始めるにあたってこれだけは押さえておきたい用語について説明していきます。

・エントリー…ポジションを持つということです。つまり買うなり売るなりのアクションを起こすことをエントリーするといいます。

・ロング…買いでエントリーすることをいいます。

・ショート…売りでエントリーすることをいいます。

・pips…1銭を1pipsといいます。10pipsなら10銭、100pipsなら1円を指します。

・証拠金…FXはこの証拠金を元手に取引していくことになります。自分が証券会社に預けている金額が、この証拠金にあたります。

・証拠金維持率…自分が預けている証拠金を元に取引をしている際に、今現在の取引状況と証拠金を照らし合わせて計算されるのが、この証拠金維持率になります。証拠金維持率が証券会社の定める水準を下回ってしまうと、次に紹介させていただくロスカットという強制決済にあってしまいます。

・ロスカット…取引を行っている際に、自分の想定に反して損失が膨らんでしまったとします。証券会社が定めている証拠金維持率を下回ってしまうと、投資家に大きな損害をもたらしてしまう可能性が大きくなってしまうので自動的に決済になってしまう仕組みのことをいいます。

・スプレッド…これは証券会社に入る手数料のことを指します。実際の注文状況を証券会社等のサイトで見てもらうと分かりやすいと思うのですが、例えば、アメリカドルと円の通貨ペアを売買しようとした際に、buy110.0 sell109.97と表示されています。つまり『今アメリカドルは110円で購入することができます、売却をする際は109円97銭で買い取ります』といった意味になります。この差額がスプレッドになります。

・ストップロス…損切りといった表現が主流です。自分の持ったポジションが想定に反して逆方向にいってしまった際に、その損失を決済することをいいます。損切には主に2種類あり、手動で損切をする方法と予め注文の際に、ここまで逆にいってしまったら損切をしてほしいと設定をしておく方法があります。

・利益確定…自分の持ったポジションが想定通りに動いた際には利益が生まれます。その利益を確定させるのがこの利益確定です。別の呼び方では利食いと呼ばれることもあります。

・マージンコール…これはポジションを持ち、損切りをせずに損失が膨らんでいる際に、証券会社から『あなたの証拠金維持率が100%を下回りました。証拠金維持率が○○%になったらこちら側でロスカットを行いますので、決済をするか追加で証拠金をいれて下さい』といったガイダンスが登録したメールアドレスや注文ページに届くことをいいます。

4種類あるトレード手法どのような手法や考え方があるのか?


FXといっても人それぞれ取引を行う際の手法は異なるものです。どのような手法や考え方があるのか、まとめてみたいと思います。

・スキャルピング…最も取引時間が短く、数秒から数分で決済をしていきます。数pipsから多くても20pips程度の獲得を狙っていく手法で、1日で何度も取引をすることにより獲得pipsを積み上げていく方法です。世に出回っている情報商材の中でも、このスキャルピングを推奨している教材が多く『忙しい方でも取引可能』や『すきま時間でも稼げる!』などといった謳い文句が出てきますが、初めに言わせていただくと、このスキャルピングは最も難しい手法とされており、サラリーマンの方や、お勤めの方が片手間に習得しようとしても、まず難しいということを理解しておいてください。

・デイトレード…エントリーから決済まで、長くても1日程度で30pipsから50pips程度を狙っていく手法になります。これから勉強を始める、もしくは取引を開始する方はまずこのデイトレードを検討してみてはいかがでしょうか?

・スイングトレード…エントリーから決済まで3日から1週間程かかる場合もあります。1回の取引で100pipsから300pips程度を獲得できることもあります。仕事でなかなか時間の取り辛い方や、あまり長いこと取引画面を見ていたくないといった方に向いている手法なのではないでしょうか?

初心者の方は、『仕事が終わって家に帰ったらすぐに取引をしたい』と思い、スキャルピングに走ってしまいがちですが、実は最も高度なテクニックを必要とする手法を選んでしまっているのです。

海外の専業トレーダー(トレードで生計を立てている人)はスキャルピングをされている方が多いのは事実ですが、誰しもがスイングトレードやデイトレードを学び、その技術を自分のものにしてからスキャルピングに移行しています。

いかがでしたでしょうか?

次回はFXを始めるうえで、大事なことや心構えなどをお話ししていければと思います。お金を稼ぐ上で楽な仕事はありません。

特にこのFXに関しては専門職といってもいい程の学習や鍛錬が必要になってきます。

その点を理解されたうえで、次の記事も読み進めていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です