FX ダウ理論とチャートパターンについて

Pocket

今回はテクニカル分析を行う際に有効なチャートパターンダウ理論について記事にしていきたいと思います。

ダウ理論について

FXをしていく上で、切っても切り離せないものの1つがこのダウ理論です。

ダウ理論に関しては世界中のトレーダーが注目しているポイントでもありますので、しっかりと理解をして使いこなせるようになってほしいと思います。

まずはダウ理論の定義に関してですが


1平均はすべての事象を織り込む
2トレンドには3種類ある
3主要トレンドは3段階からなる
4平均は相互に確認されなければならない
5トレンドは出来高でも確認されなければならない
6トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

これらを全て頭に叩き込んで下さい!

とは言いません。笑

正直6番だけきちんと理解していればなんとかなるかなと…あとはトレンドという言葉と仕組みを理解して頂ければと思います。

トレンドについて下記の図をご覧ください。

上の図が『上昇トレンド』になります。

トレンドとは流れのことで、つまりこの上昇トレンドは上昇の流れ(勢い)が強いということになります。

ここで一番重要なことは安値と高値が共に切り上がっている状態にあることが確認できるということです。

上の図でいうと、青〇が安値、赤○が高値になるのですが共に切り上がってますよね?

つまり、『安値と高値が切りあがっているからダウ理論上は上昇トレンドだね』ということになります。

上の図は『下降トレンド』になります。

青〇の安値と赤○の高値が共に切り下がってますよね?

つまり『安値と高値が切り下がっているからダウ理論上は下降トレンドだね』ということになります。

ダウ理論をきちんと理解できるようになると、チャートを見た際に『今はロングを仕掛ける相場状況なのか、それともショートを仕掛ける相場状況なのか』ということがわかるようになります。

エントリーを検討する際に、いくつか根拠が必要だと以前にお話しをしたかと思いますが、このダウ理論に関しては世界中のトレーダーが参考にしていることでもあるので、ダウ理論を理解していないまま相場に出てしまうと上昇トレンド中なのにショートをしてしまったり、下降トレンド中なのにロングをしてしまったりすることになります。

逆張りという手法もあるので、それ自体は間違ったことではないのですが、まずは上昇トレンド中にロングで利益を出す、下降トレンド中にショートで利益を出すところから始めていきましょう。

トレンドの明確な転換シグナルとは?チャートパターン解説

ダウ理論の中に『トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する』とありましたが『そんなのどうやって見極めるの?』と思われた方もいらっしゃるでしょう。

その見極め方法の1つがこの『チャートパターン』です。

チャートパターンもダウ理論と同様に世界中のトレーダーが注目しているポイントなのでしっかりと理解しておくようにしましょう。

ダブルトップ

ダブルトップは天井圏(価格が上がりきっている)とみられる状況の中で現れるチャートパターンです。

高値で推移してきたチャートが『そろそろ上がりきってきたから下がり始めるかもしれない』と推測できるパターンになります。

ダブルボトム

ダブルボトムは底値圏(価格が下がりきっている)とみられる状況の中で現れるチャートパターンです。

底値で推移してきたチャートが『そろそろ下がりきってきたから上がり始めるかもしれない』と推測できるパターンになります。

ヘッド&ショルダー

これはダブルトップと同様で、天井圏(価格が上がりきっている)とみられる状況の中で現れるチャートパターンです。この形が見られたら『そろそろ上昇から下降に転じるのではないか』と見るトレーダーが数多くいます。

これはダブルボトムと同様で、底値圏(価格が下がりきっている)とみられる状況の中で現れるチャートパターンです。この形が現れたら『そろそろ上昇から下降に転じるのではないか』と見るトレーダーが数多くいます。底値圏(価格が下がりきっている)と見られる状況の中で現れるチャートパターンです。

この他にも数多くのチャートパターンがありますが、その中でのメジャーで多くのトレーダーが注目しているものをピックアップして紹介してみました。

チャートパターンに関しても絶対はなく、あくまでも転換のシグナル、示唆として現れるものなので例えばダブルトップのように『そろそろ天井圏での推移が終わって下がり始めそう』というサインが出たとしてもそのまま上昇していってしまうパターンもあります。

大事なことはどういった状況の中でのチャートパターンが勝ちやすく、勝率が高いのかを自分自身で検証していくことです。

後は、ダウ理論にしろチャートパターンにしろ上記の図のように綺麗に形を形成するとは限りませんので、こればっかりはチャートを眺めて慣れていくしかありません。

このようにいくつもの根拠、今回でいえば『ダウ理論で上昇トレンドが確認できたのでロングを検討する』や『チャートパターンのダブルボトムが確認できたので、そろそろ底値圏での推移が終わりそうなのでロングを検討する』などの根拠を多く見つけることが重要になってきます。

いかがでしたでしょうか?

次回はFXをしていく上での心のありかたについて記事にしていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です