ビットコインの今後の展望は?今からは危険?未来は明るいのか?

Pocket

今回はビットコインに関して記事にしていこうと思います。今後の展望や私なりに思うところをまとめてみました。

ビットコインとは

今更ながらビットコインに関しての説明をしたいと思います。

まずはビットコインは『仮想通貨』の為、実体がありません。なので上記のようなコインを販売されそうになっても購入しないで下さいね…笑

以前に(だいぶ前の話ですが)某芸能人の方がビットコインのような硬貨を騙されて購入してしまったという話を聞いたことがありますので念の為にお伝えしておきました…

さて、話を元に戻しますがビットコインは『仮想通貨』と呼ばれ、ビットコイン以外にもいくつも種類があるのですが、今回は省略いたします。

なぜ『仮想通貨』と呼ばれているのかというとアメリカドルやイギリスのポンド、そして日本の円のように紙幣と硬貨といった実体がないからです。

ですので『仮想』の通貨ということで『仮想通貨』なのです。


ビットコインの特徴


ビットコインとは一体どのようなものなのかということを解説していきたいと思います。

・世界共通の通貨である

通常の通貨であれば、日本円は日本で使い、アメリカドルであればアメリカで使います。

メジャーな通貨であればこれに限ったことではないのですが(アメリカドルはカンボジアでも使えたりします)

ビットコインに関しては実体の持たない通貨でありながら世界に普及しているものであるので世界中で使うことが出来ます。

・通貨を発行しているのが政府機関ではない

日本なら『日本銀行』、アメリカなら『アメリカ中央銀行』イギリスなら『イングランド中央銀行』といった形です。

ですが『仮想通貨』はどこかの国が発行しているという訳ではありません

・通貨の発行方法に関して

ビットコインの市場に参入している個人や、法人などが『マイニング』という作業をして発行しているのです。イメージとしては金鉱脈から金の採掘をしているといったような感じでしょうか。

ちなみにビットコインは無限に『マイニング』が出来る訳ではありません。

ビットコインの発行総量は、事前に決められています。また、採掘(マイニング)によって発行される量も調整されています。そのため、一瞬にして発行量が増えてインフレが起こったり、混乱が生じることを避けた設計がなされています。ビットコインの発行総量は、2140年までに2,100万 Bitcoin とされていて、それ以降は新規に発行されることがありません。

先程の例えで言うならば金脈を見つけて採掘をしたとしても無限に金が出てくる訳ではないですよね?

無限に採掘されてしまうと需要と供給のバランスが崩れ、ビットコインの価値自体が薄れてしまったり、それによりビットコイン所有者に多大な影響が出てしまうからです。

・管理方法に関して

ビットコインは、中央での管理を行わない代わりに、コンピューターのネットワークを利用して通貨を管理する仕組みとなっています。ビットコインにおける新しい通貨の発行や、取引の詳細情報は、そのすべてがコンピューターネットワーク上に分散されて、保存される仕組みです。ビットコインで行われたすべての取引記録を記載した、1つの大きな取引台帳が存在しているとイメージしてください。この可視化された記録のおかげで、通貨の偽造や二重払いなどを防止することができます。すべての記録は残りますが、その記録に個人情報は含まれません。記録はあくまでも、ビットコインの流通の整合性を保証するために存在するのです。

要するに、市場参加者同士がネット上の取引台帳を確認し合って不正な取引が行われていないかどうかをチェックし合っているということです。上記にもありますが銀行口座のように名前など個人を特定できるような情報は記載されていないので気兼ねなく取引ができるようです。

・どのように使われているのか

安い時に買って高い時に売ることにより、その差益で儲ける目的で保有する人も多いですが、もちろん買い物にだって利用することが出来ます。

日本ではまだビットコイン決済に対応している店舗が少ないのが現状ですが海外では『不動産』や『車』なんかも買えてしまうみたいです!

『仮想通貨』と呼ばれてはいますが近い将来、誰しもが認めるような通貨になりえるかもしれませんね。

・ビットコインの生みの親に関して

気になる方も多いかと思います。実は生みの親に関してはこれまで様々な人物が浮上してきました。名前を聞いたことが多い方もいらっしゃると思いますが、ビットコインの生みの親は『サトシナカモト』という人物であることが分かっています。

サトシナカモトの正体は、日本人かどうなのかも明らかではありません。ただし、ビットコインの元となった論文、 Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System を発砲したのはサトシナカモトです。多くの人物が、サトシナカモトではないかと推測されていますが、いまだにその正体は分かっていません。

とのことです。様々な人物が『我こそがサトシナカモトだ』と名乗りを上げてきたり、『あの人がサトシナカモトなのでは?』と憶測が飛び交う状況が続いてきたわけですが、その全貌はいまだ明らかになっていないようです…。

これからビットコイン投資を考えられるか?

さて、ビットコインに関して使い方や生みの親など説明をしてきたわけですが、ここからは過去のビットコイン相場と現在のビットコインの相場を比較していきながら、今からビットコインの投資に踏み切ることが賢明なのかを考えていきたいと思います。

・ビットコインの過去の相場から読み取れるもの

ビットコインが生まれてから2017年頃まで、価格の推移としては、ほぼ横ばいです。それが2017年の9月前後から相場に勢いがつき始め、あれよあれよと2万ドルまで上昇していきました。

仮に2017年の初めにビットコインを購入していて最高値で売り抜けていたとしたら、約25倍も価値が上昇したことになるので

  • 1万円購入→25万円
  • 10万円購入→250万円

このような形で利益が出ていたわけです。

悲しくなるのでこれ以上はやめておきます…

ビットコインが大暴落!そのとき何があったの?

順調に右肩上がりだったビットコインの相場に、何度も大暴落が起きました。

その時に一体なにが起こったのかを見ていきましょう。

・ビットコイン絡みの事件


2010年8月:ビットコインのシステムのバグにより1,840億BTCが偽造される
2011年6月:東京渋谷区に拠点を構えるビットコイン取引所「マウントゴックス(Mt.Gox)」がハッキング被害を受ける
2012年9月:ビットコイン取引所「ビットフロア(BitFloor)」がハッキング被害に遭い、24,000BTCが盗難される
2013年10月:違法商品を扱う闇サイト「シルクロード(Silk Road)」をFBIが摘。運営者を逮捕
2014年:取引所「カナディアンビットコイン(Canadian Bitcoins)」がハッキング被害に遭い、10万ドルのビットコインが盗難される
2014年3月:アメリカの取引所「ポロニエックス(Poloniex)」がハッキング被害に遭い、12.3%のビットコインが盗難される
2015年1月:当時最大規模の取引所であったイギリスの「ビットスタンプ(Bitstamp)」がハッキング被害を受け、19,000BTCが盗難される
2015年2月:中国の仮想通貨取引所「ビーター(Bter.com)」がハッキング被害に遭い、7,170BTCが盗難される
2016年8月:香港の取引所「ビットフィネックス(Bitfinex)」がハッキング被害に遭い、120,000BTCが盗難される
2016年11月:他人のクレジットカード情報でビットコインを詐取した男性3人が逮捕
2016年12月:ハッカーに電話番号をジャックされビットコインが盗まれる
2017年7月:ブルガリアにある仮想通貨取引所の運営者が、ビットコインを使った資金洗浄の疑いで起訴される
2017年8月:ビットコインのセミナーを通じて知り合った名古屋市在住女性の強盗殺人容疑で少年2人が逮捕される
2017年11月:ビットコイン強盗未遂で福岡市の清掃会社社長を逮捕
2018年2月:インドで警察官が実業家を誘拐し、ビットコインを強奪
2018年2月:ロシアの首都モスクワで仮想通貨投資家がビットコインを強奪された上、顔面をナイフでめった切りにされる
2018年2月:仮想通貨PRIZM開発者が拉致され、300BTCと現金2万ドル、iPhoneを強奪される
2018年4月:ドバイでビットコイン取引を装い約2億円が強奪される
2018年5月:南アフリカで犯罪組織が13歳少年を誘拐、15BTCを要求する

事件がかなり多いですね…ビットコインの性質上、個人が特定し辛い(時間がかかる)のでこうした事件に合い易いのかもしれません。

銀行口座のように誰が、いつ、どのサーバーを使ってなど個人を特定するのが容易なのと違い、分散してビットコインを送金してまたそこから枝分かれになって…と繰り返されているうちに個人が特定し辛くなってしまうようです。

その中でも市場参加者を不安に陥れたといっても過言ではない『大事件』を紹介していきます。

・マウントゴックス事件


2011年6月20日の日本時間午前3時頃、東京渋谷区に拠点をおくビットコイン取引所「マウントゴックス」が、ハッキング被害を受け、同社で取引されているビットコインの価格が不当に引き下げられました。
数分以内に適正価格にまで引き上げが行われましたが、影響は875万ドル相当にも及んだそうです。
また、このハッキング事件で、ユーザー情報・パスワードが盗難され、約1週間取引が停止されるという事態が発生しました。

この事件によってビットコインの管理に対する脆弱性が露呈することになります。

ビットコインを購入する際はビットコインの取引所に加盟されている法人に登録を行い取引をしていくわけなのですが、資産の管理等も個人が登録した法人に委託をすることになります。

その法人の管理体制やネットワークシステムが甘かったりするとこのような事件に巻き込まれ、結果、個人投資家などにも大打撃を与えてしまうことになるのです。

ちなみにこに事件を受け、ビットコインは1ヵ月でおよそ25パーセントも価値が下落してしまう事態になりました。

・闇サイト『シルクロード』事件


「シルクロード」は2011年の2月にDeepWeb(深層ウェブ)上で作られた闇市場ウェブサイトで、いわばECサイトの『Amazon.com』のようなものです。
しかし、このDeepWeb(深層ウェブ)上で作られたサイトは通常の検索ではヒットしないような作りになっています。そして、この「シルクロード」で取引されていたのは、薬物や銃器、盗難されたクレジットカード、さらにSNSのハッキングサービス、人身売買や殺人依頼など、およそ考えうる違法なモノやサービスばかりでした。
その「シルクロード」では当時まだ世に出回り始めたばかりのビットコインが唯一の決済手段として使われていました。当然このような違法性の高いウェブサイトはFBIの捜査の対象となり、2年以上の捜査の末、2013年に運営者のロス・ウィリアム・ウルブリヒトが逮捕され「シルクロード」は閉鎖されました。

未来を変えられるような決済方法の一つとして期待されていたビットコインですが、不名誉な使われ方をされてしまった事件です。

通常の購入サイトのような物であれば良かったのですが、違法な物やサービス(?)ばかりだったようです。

決済方法もビットコインのみだったようで個人を特定できない、匿名での取引を可能にしてしまったことが悪い意味で『シルクロード』を大きくしてしまったのかもしれません。

・ビットフィネックス事件


2016年8月、香港に拠点を置く世界最大規模の仮想通貨取引所「ビットフィネックス」が、ハッキング被害に遭い、約72,00万ドル相当(2016年8月3日ロイター通信報道時点)のビットコインが盗難されました。
これは、事件発生時点では、2011年に発生したマウントゴックス事件の次に大きな被害額です。
ビットフィネックスの開発ディレクター・Zane Tackett氏は、事件発生後ロイター通信に対し、「ユーザーの口座から119,756ビットコインが盗まれた」ことを語りました。
この事件が報道された影響で、ビットコインの価格は20%近く下落しました。

またハッキングですか…やはりビットコインの性質上、ハッキングに関する事件が起きてしまうと大きく価値を下げてしまいます。

例えていうのであれば、ご自身が貯蓄なり、給与の振り込みなどに使用されている銀行口座がハッキングを受けて、個人情報の流失をされてしまった。

もしくは顧客の預金が盗難にあってしまったなどの事件があったら、『その口座を解約しようかな』とか『この銀行にお金を預けているのが怖いから一旦、引き出しておこう』と考えますよね?

恐らくその感覚に似ていると思われます。

これだけ事件が起きてしまうと投資家心理として『ビットコインに未来は無いのではないか』、『投資に適しているに値しないのではないか』と考えてしまうものです。

『怖いから手を出さないでおこう』と考えるわけですね。

ここ最近のビットコイン相場

投資の世界には『ボラティリティ』という言葉が存在します。ボラティリティが高い=市場参加者が多く、取引が活発に行われている。

ボラティリティが低い=市場参加者が少なく、取引が活発に行われていないということになります。

結論から申し上げますと、現在のビットコイン投資に関しまして、市場参加者が少なく、ボラティリティが低い状況にあるため投資というジャンルでの関心は以前に比べてだいぶ低くなってきているようです。

世界中でこれだけネガティブな事件があるとさすがに手を伸ばし辛く、『投資』という観点では見られなくなってしまうものです。

現状は日本円で1BTC(ビットコイン)あたり35万円から40万円前後で推移しています。

以前は『1日で10万円値上がりした』とか『1週間で資産が○倍になったぞ!』との声も多かったのですが今は市場参加者も少なく、ビットコインにネガティブなイメージを持つ方が多いこともあってか、盛り上がりに欠けているようです。

いかがでしたでしょうか?

ビットコインを保有して高値で売却することに成功し、資産を億単位に増やした人が爆発的に増加したことから『億り人』なんて言葉が流行った時期もありましたが、それも少し昔の話に聞こえてしまうくらい、『仮想通貨ブーム』が去ったといっても過言ではないですね。

その上で『安くなっている今だからこそ買っておくチャンス!』

と考える方もいらっしゃるかとは思いますが、推奨するわけでも否定するわけでもありませんのであくまで『自己責任』でお願いいたします。

投資は『自己責任』です。自分自身の資金力と相談しながら、無理のない範囲で投資していくことが一番大切だと考えておりますので、その辺を理解した上で、上手く仮想通貨と付き合っていってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です