投資を複利で考えることの重要性

Pocket

今回は投資というジャンル全てにおいて『複利』で考えることの重要性について記事にしていきたいと思います。

複利と単利の違いについて

投資には『複利』という言葉と『単利』という言葉がよく使われます。

その言葉の意味を簡単に説明すると、例えば100万円を投資した際に5万円の利益が出ました。

その5万円の利益を初期投資の100万円に乗せて105万円とし、再度、投資を行っていくことを複利で増やしていくといいます。

つまりは100万円で5万円の利益が出た→105万円で再投資→105万円で6万円の利益が出た→111万円で再投資

といった具合です。

複利のどのような点が優れているのかというと、利率が固定で月に5%だと仮に仮定した場合に、100万円だと5万円の利益

105万円だと5万2500円の利益というような具合に利益が膨らんでいくところにあります。

単利の場合はこのように出た利益を再投資に回さずに初期投資の100万円だけで運用を行っていくため、利率が固定の場合にはもちろん毎月の利益も固定されてしまい膨らんでいくということはありません。

投資に関して言うのであれば、出た利益を複利で回していった方が優れたパフォーマンスを発揮できるのではないかということです。

単利と複利で投資を行った際のモデルケース

それでは実際に単利と複利で投資を行った場合にどれくらいの差が出てくるのかを見ていきましょう。

初期投資は100万円とし、毎月の利率は5%で計算を行い、分かりやすいように万単位以下は切り捨てています。

・複利

毎月の利益5万円

1ヶ月後→100万円+5万円(利益)=105万円

半年後→100万円+34万円(半年分の利益合計)=134万円

1年後→100万円+79万円(1年分の利益合計)=179万円

1年半後→100万円+140万円(1年半分の利益合計)=240万円

2年後→100万円+222万円(2年分の利益合計)=322万円

2年半後→100万円+332万円(2年半分の利益)=432万円

3年後→100万円+479万円(3年分の利益合計)=579万円

これが複利の破壊力です。

利率は5%と控えめなものの、ある程度、長い期間で見てみると初期投資の100万円がこのようにどんどん膨れ上がっていきます。

・単利

1ヶ月後→100万円+5万円(利益)=105万円

半年後→100万円+30万円(半年分の利益合計)=130万円

1年後→100万円+60万円(1年分の利益合計)=160万円

1年半後→100万円+90万円(1年半分の利益合計)=190万円

2年後→100万円+120万円(2年分の利益合計)=220万円

2年半後→100万円+150万円(2年半分の利益)=250万円

3年後→100万円+180万円(3年分の利益合計)=280万円

複利とは違い、出た利益を再度投資に回していないので毎月の利益も変わりません。

半年後に4万円の差だった利益も1年後には19万円

2年後には102万円

3年後には299万円まで広がっています。

私個人の考えとしましては、あくまで投資で出た利益を堅実に積み上げて貯蓄に回していきたいと考えているかたに関しては単利での運用。

逆に出た利益を再度、投資に回してアクティブな運用をしていきたいというかたは複利で運用していった方が良いのではないかと感じます。

いかがでしたでしょうか?

非常にシンプルな内容ではありましたが単利と複利の仕組みや、運用益の開きなどがお分かり頂けたかと思います。

私は複利で運用益を増やしていくスタイルで投資を行っておりますが、人それぞれ好みや将来設計も違うためどちらを選べば正解というものはありません。

利率に関しても毎月5%を確実に受け取れて長期で運用していける方法を見つけることも難しいため、運用利率が月に5%の時もあれば調子が良く10%の時もあり、逆に調子があまり思わしくなく3%くらいの時もあります。

毎月の利率に固執せず、調子の良い時にはガンガン利益を伸ばし、スランプ気味の時にはあまり無理をせずに3%くらいの時でも良いというようなスタンスが非常に重要になってくるかと思いますのでその辺りを良く考えて投資を行って頂ければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です