FXのサインツールは買った方が良い?勝率100%?利益を上げる近道になり得るのか?

Pocket

『このサインツールを使ってあなたも爆益!』などと、誇大広告を掲げている情報商材がここ最近増えてきているような気がします。そこでサインツールを導入したら本当に勝てるようになるのかどうかを、お話ししていきたいと思います。

サインツールとは?

『サインツールを購入してからほぼ負けなしだよ』

『このサインツールを購入してから毎月、利益が倍になっているんだ』

そんな広告をみると正直ため息が出ます。

『サインツールが有効って聞いたことはあるけど、それってなにそれ?美味しいの?』

という方に説明しますと、サインツールはMT4などにインストールして使うのですが、『今このタイミングで買いなさい』もしくは『売りなさい』というのをチャート上に矢印が出ることで教えてくれるツールになります。

『え?そんな便利なものがあるならFXの勉強なんかしないで、早速サインツールを買ってトレードしよう!』

と考えたそこのあなた。

そんなものが本当に世の中にあったら誰もが皆、億万長者です。

少なからず、そのサインツールがなぜ、このタイミングでエントリーを進めてきているのか?

その根拠はなんなのか?

ということに関しては検証していかなくてはなりませんし、FXの勉強をしないでサインツールだけ買ってトレードしたとしても一生勝てるようにはなりません。

断言します。

一生勝てるようにはなりません。

サインツールがエントリーサインを示す根拠

サインツールには様々な種類や、様々な販売元があるために、それぞれエントリーポイントを示す根拠が異なります

サインツールのエントリー根拠に関してはインジケーターの組み合わせによるものが大半ですが、このインジケーターの組み合わせもそれぞれ異なるので『一体このサインツールは、なにを根拠にエントリーポイントを示しているのか?』

を検証していく必要があります。

購入した販売元でサインツールの使い方マニュアルのようなものはありますが、それ以外にも、エントリー根拠になっているインジケーターの用語やチャートとの照らし合わせ方など、自分自身で調べる等の努力は必要になってくるかと思います。

例えば『MACDがゴールデンクロスしたら買いでエントリーしましょう』

と言われても『そもそもMACDってなに?』

『ゴールデンクロスってなに?』

のように疑問点が出てきます。

丁寧な販売元であれば、それらも使い方マニュアルに記載してあるでしょうが、そうとは限りませんので、自分で検索するなり本を読むなどして調べていかなくてはならないということです。

サインが出たらすぐにエントリーは禁物!

『サインツールがエントリーポイントを示したので早速エントリーだ!』

と焦ってしまう気持ちもわかりますが、ちょっと待ってください。

そもそもなぜ、インジケーターがエントリーポイントを示したのか根拠はわかっていますか?

インジケーターには『売られすぎや買われすぎ』

などの状況を把握する能力はありますが、これがファンダメンタルズ的な要因であるのか、もしくは他の通貨との相関で売られすぎているのかなどを認識する能力はありません。

ですので、今の状況をテクニカル分析の一部として認識をすることは出来ても、ファンダメンタルズ分析や、マルチタイムフレーム分析を元にエントリーを示唆しているのではないという事です。

チャートの中に赤い矢印が出ていると思いますが、これがサインツールを導入した際にエントリーポイントを示唆するようなものだと思って頂ければ結構です。

正直、この矢印を見ただけでは、なぜ、この矢印のポイントがエントリーに適しているのかわかりませんよね?

結局はサインツール通りに矢印が出たポイントを信じて、ひたすらにエントリーをするという選択肢を取る以外は、現状の環境認識や、マルチタイムフレーム分析などを駆使して本当にこの矢印のポイントがエントリーに適しているのかを自分自身で判断していかなければならないということです。

赤矢印が出たので、このタイミングでエントリーするべきなのかを自分自身で考えてエントリーをする。

正直、これが出来るようであればサインツールなど不要だと思いませんか?

ここから大事なことをお話ししますのでよく聞いてほしいのですが、勝ち続けているトレーダーの中で、インジケーターのみを使って勝ち続けているトレーダーなど存在しません。

相場の環境認識やダウ理論などを組み合わせて+αの補助ツールとしてこのインジケーターを使っているのです。

要するに『エントリーするのにもう少しなにか根拠が欲しいな』というときに使用するわけです。

サインツールに関しては本来、補助ツールである役割のインジケーターをメインとして使うことで、エントリーポイントを探っているだけなので、それだけで利益を安定させ、コンスタントに稼げるようになるのは不可能です。

いかがでしたでしょうか?

このような商品を購入する際には、必ず注意書きとして『この商品は利益を保証するものではありません』

と記載されています。

勝ったら『ほらね、私の言った通りになったでしょ?』

負けたら『利益を保証するわけではないと伝えていますし、そもそも投資とは…』

と、のらりくらりとかわされて終わりです。

つまりは販売者の知名度がそこそこ高ければ、販売する商品なんてなんでも良いんです。

サインツールだけではなく情報商材に関してもネットで無料で拾えるような、ゴミみたいな情報を販売している業者だってあります。

最後にまとめですが、私個人の見解としてはサインツールを購入して、なにも勉強せずにトレードをするくらいだったら他の投資や貯蓄に回した方が遥かにマシなのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です