なぜお金が貯まらないのか?貯まる人との違いは考え方や行動に問題がある

Pocket

同じ収入なのに自分よりも同僚や知人の方が貯金額が多いということはありませんか?お金が貯まる人、貯まらない人にはどうやら共通点があるようですので記事にしていきたいと思います。

お金が貯まらない人の特徴

『悲しいかなお金が貯まらない』

という方の為に、お金が貯まらない人の特徴をお話ししていこうと思います。

・毎月かかる支出額を知らない

例えば携帯代で5000円、食費で30000円などと自分が毎月かかる必要最低限の支出額を知らないという事です。

必要最低限の支出額を知らないということは毎月、支出額に変動が起こってしまうため貯金をしづらい環境になっている可能性が大です。

まずは、毎月の必要最低限の支出額を確認するところから始めましょう。

・ギャンブルに依存している

『今日は○○円買ったー』

『今日は○○円負けたー』

など、ギャンブルを趣味にしている、もしくは趣味の範疇を超えてしまっている場合は貯金がしづらいです。

そりゃそうですよね。

買った場合はまあ良しとして、毎月いくらかかるかわからない趣味を持っているようなものなのですから…。

・ついつい人前で見栄を張ってしまう

人に良く見られたい精神が強い人に多い傾向なのですが、複数人で食事に行った際などに『ここは俺が出すわ!』

と頻繁に言ってしまうような人は、やっぱりお金は貯まりづらいです。

食事をご馳走したくらいで人の評価などあまり変わりません。

むしろ『あの人は気前がいいからなんでもご馳走してくれる』

などと変な噂が立ち、更によくない状況になってしまうかもしれません。

・スーパーではなくコンビニで買い物を済ませがち

例えばスーパーで100円で売っているような飲み物も、コンビニに並んでしまうと150円だったりしますよね。

コンビニを日常の買い物で使えば使う程、割高になってしまうのでお金が貯まりづらくなってしまうかもしれません。

一回の買い物では微々たるものかもしれませんが、塵も積もれば山となってしまうという事です。

・ファッションにやたらとお金をかける

『おしゃれは足元から』と良く言いますが、足元だけでなく全身をブランドで包んでいるような人をたまに見かけませんか?

冬物のアウターもブランド、時計もブランド、インナーもブランド…などと過剰にお金をかけてしまうと、これまたお金は貯まっていきません。

お金が貯まりやすい人の特徴

次にお金の貯まりやすい人の特徴を挙げていきます。

これを意識して真似するだけでお金は飛躍的に貯まりやすくなるでしょう。

・毎月かかる支出額を知っていて、なににいくら使うかを予め決めている

毎月の給与の中から、なににいくら使うかを予め決めている人はお金が貯まりやすいと言われています。

携帯代は5000円以内、食費は30000円以内などと予め決めておいて、残ったお金は全て貯金に回すということをすると良いみたいです。

・お金のかからない趣味を持っている

車の改造が趣味の方や、ブランド収集などが趣味の方は、当然ながら貯金していくのが他の方に比べて難しいのですが、お金のかからない趣味を持つことで休日のお金の浪費を防げる傾向にあるようです。

ちなみに私の趣味はジムで体を動かすことなので、休日にあまりお金を使うことは、あまりありません…笑

・誰かと食事に行くときは割り勘にする

お金が貯まる人の考えとして、なにかの記念日や友人の誕生日など、特別な日にしかご馳走しないという考えがあるようです。

誰これ構わずいつ何時でも、ご馳走していたら身がもちませんし、貯えを作っていけないですからね。

・維持費のあまりかからない車に乗っている

車って所有しているだけで結構お金がかかりますよね。

ガソリン代や車検代、重量税に駐車場代など挙げればきりがありません。

そこで燃費の良いものや、レギュラー車を選ぶようにするなどの工夫をしているようです。

単に移動できれば良いという人が多いようですね。

貯金が出来る体質にするために、今すぐにでもやった方が良いこと

これらを踏まえてあなたが真っ先にやったほうが良いことをお話ししていきます。

・毎月の支出を書き出してみる

まずは、現状でなににいくら使っているのかを把握するためにノートに毎月の支出を書き出してみましょう。

使い過ぎているものが明確になることによって、家計の見直しにつながります。

・コンビニなどの割高なお店ではなく、スーパーなどを利用する

家の近くにコンビニがある場合にその手軽さから、買い物に通ってしまいがちになりますが、極力スーパーなどに買い物に出かけるようにして浪費を防ぎましょう。

・毎月いくら貯めるのかを予め決めておく

手元に残ったお金を貯金するのでは、なかなか蓄えは増えていきません。

貯蓄用の口座などを作り、給与が振り込まれたらその口座に移すなどの方法を検討してみましょう。

いかがでしたでしょうか?

お金を貯めることは給与の水準が高い場合を除き、努力が必要になってきます。

なにかあった時の為に、1円でも多く貯えを作っておいた方が良いと言われている時代でもありますので、今一度、自分の家計を見直してみることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です