FOLIO(フォリオ)テーマ投資の落とし穴とは!?辛口徹底解説!

Pocket

10社で構成されたテーマに投資をするというFOLIO(フォリオ)という商品が発表されました。今回は商品の特徴や優位性など、幅広く解説していきます。

テーマ投資、FOLIO(フォリオ)とは?

フォリオ』とは10社で構成されたテーマに投資をすることで分散投資が可能になるということをメリットにした投資商品のようです。

1社にまとめて投資するのではなく、各テーマごとに10社で構成されているとのことなので、おのずと10社に分散投資をすることになるといったものですね。

各テーマごとの10社に関してはプロの方が選んでいるそうなので、個人でどこの会社に投資しようか迷うことなく、テーマを購入するだけといった、とっても簡単な投資方法なんです!

ちなみに各テーマごとに投資スタイルが違うようで、以下の4つから構成されています。

・バランス型
(リスクとリターンのバランスをとった基本的な投資スタイル)

・ディフェンス型
(銘柄の価格変動リスクをなるべく抑えることを狙う投資スタイル)

・グロース型
(銘柄の成長性を重視し、企業の更なる成長を狙う投資スタイル)

・バリュー型
銘柄の割安さを重視し、将来的な割安の解消を狙う投資スタイル

このような投資スタイルで各テーマの運用を行っているようです。

ちなみにテーマ投資以外にも、おまかせ投資というものがあるようで、年齢や年収、貯金額を入力するとお勧めの運用プランを提案してくれて、そのまま購入するといったことまで出来るみたいです!

テーマに投資をするにしても10社はプロが選んでくれた銘柄ですし、資産運用が初めての方も簡単に始めることが出来るので新しい資産運用の形として今後、注目が集まりそうですね!

FOLIO(フォリオ)に対しての本音

ここまでサラッと商品の特徴についてお話ししただけなのですが、私がフォリオに感じた率直な疑問や感想について述べていきたいと思います。

・プロが選んだ10銘柄とあるが、そのプロの方はどれくらいの腕前なのか?

ヘッジファンドのトレーダーさんなどに関しても『プロ』といってしまえばそれまでなのですが、プロ野球でいうところの『一軍』の選手なのか、それとも『二軍』の選手なのかで期待値は大きく変わってきます。

基本的には、私個人が投資を検討するうえでプロの方にお任せということは絶対にしませんし、そのようなことを検討したことすらありません。

『あなたのお金で投資をして、失敗したとしても責任は取りませんよ?』

『でも成功したら成功報酬を下さいね。』

『もしくは購入するときの手数料はあなた持ちですよ?』

良く考えたらこんなのおかしいですよね…。

私はこういった考えが基本的に好きではないです。

バリュー投資に関しては現状で注目の浴びていない銘柄を集めているだけなのではないか?

これはあくまで推測なのですが、銘柄の割安感で選んでいるということは現状で会社のネームバリューが失墜しているような企業だったり、低迷している会社を寄せ集めてテーマにブチ混んでいるだけなのではないか?

という疑問を抱いてしまいます。

俗にいう、草コインに投資をしているようなものでしょうか?

分散投資=リスクヘッジということを全面に謳った展開をしていくのであれば、このようなハイリスク、ハイリターンのような銘柄を集めてテーマにするべきではないと私は感じてしまいます。

とまあ、こんな感じです。

別にいかがわしい会社でもないですし、投資を検討するのは構いませんが、本気で投資を考えている方には不向きで、遊び感覚で投資を楽しむといったスタンスで向き合っていける方に関しては面白い商品なのかなと思います。

いくつものテーマがあり、自分の好きなテーマに投資が出来る!

さて、先程は少々荒っぽい内容になってしまい失礼致しました。

ここでは、フォリオが売りにしているテーマに関してどのようなものを扱っているのかご紹介していきたいと思います。

どうやら80以上のテーマがあるようで、例えば『世の中を変える先端テクノロジー』や『国策には逆らうな』というカジノ関連の企業やキャッシュレスが進むこのご時世で影響を受ける企業などをピックアップしたものがあったりと、興味本位で見ている限り、商品としては非常に面白いのかな?なんて感じたりもします(私はかれこれ投資歴が5年なので優位性があるのかどうかにしか興味が無いため、擦れた考えでしかみれないのですが…(笑)

基本的には10万円以下で始めることが出来るようですので、余剰資金が多く余っている方や、投資初心者の方、ポートフォリオ上の関係でこのような商品にも資金を入れた方が良いと考えておられる方に関しては始めてみても面白いのかもしれませんね。

あくまで投資は自己責任ですので、ご自身の判断で行って頂きますようお願い致します。

いかがでしたでしょうか?

ここ最近、テレビCMでフォリオという言葉を耳にする機会が増え、気になっていた方もいらっしゃるかと思います。

そのような方の参考になるような記事になっていたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です