FXに適した時間がある!?時間帯ごとの動きとは?

Pocket

24時間、取引きが可能なFXですが、具体的には24時間でどこかの国の証券取引所が空いているから取引が出来るという仕組みになっています。今回は時間帯ごとの動きや注意点などについて記事にしていきたいと思います。

日本時間で考える、主要の証券取引所オープン時間


マーケットの規模が大きいアジア圏・アメリカ・イギリス・ユーロ圏など、それぞれの証時間帯ごとにそれぞれ異なる動き方をするので、注意が必要です。

トレイダーズ証券さんのホームページで解説をされている図なのですが

日本時間で考えると、このように世界各国の証券取引所がオープンして、クローズしてまた新たな証券取引所がオープンして…といったように24時間でどこかしらの証券取引所がオープンしているので取引が出来るということになっているのです。

上記にもある『ウェリントン(ニュージーランド市場)』や『シドニー(オーストラリア市場)』に関しては、マーケットの規模自体が非常に小さく、市場参加者も乏しいためスプレッドも開きやすい傾向にあるため、この時間帯に新規でポジションを持つことはあまりお勧めしていません。

そしてAM8:00頃になると東京市場がオープン。

PM15:00にロンドン市場がオープン。

PM21:00頃にニューヨーク市場がオープン。

ちなみにサマータイムとウィンタータイムという概念があるのでその点には注意が必要です!

時間帯ごとの為替変動の特徴

困ったことに為替変動には、各時間帯ごとの動きが変わってくるため、攻め方や守り方が変わってきます。

ここでは私の時間帯ごとのエントリー方法や値動きの特徴についてまとめていきたいと思います。

AM8:00頃になると日本の証券会社がオープンになり、徐々に市場参加者も増えてくる傾向にありますが、私がエントリーを検討するパターンが2つほどあります。

・ゴトー日の仲値のドル買い

・中国の経済指標の発表にサプライズがあった場合

大体、この2つがエントリーを検討する基準になってくるのですが、日本時間の間は中国の情勢や、経済指標の発表に影響されることが非常に多いです。

ここでサプライズがあった場合には日本時間でも大荒れの可能性が出てきますが、基本的に何事もなければ、日本時間に激しく値動きをするということはほとんどありません。

ゴトー日の仲値のドル買いに関してですが、『実需のドル買い』という言葉を聞いたことがありませんでしょうか?

一般企業は日々刻々とレートが変動する為替相場をずっと見ていることは難しいため、9時55分に決定される恣意性の入らないレート、つまり仲値のレートでドルを買うまたは売るなどの注文を銀行や証券会社に事前に出しておきます。

そして特に各メガバンクには大企業から大口のオーダーが集まり、ディーラーは9時55分に決める仲値に向けてそれらのオーダーを市場でサバきにかかります。例えば、顧客のドル買い円売りオーダーが正味でUSD100Mioあったとしたら市場からUSD100Mioを買わなければなりません。

ここで、仮に全ての銀行にドル売り円買いのオーダーよりもドル買い円売りのオーダーの方が多く預けられていたとしたら、各ディーラーは一斉にドルを買って円を売るため、ドル円は仲値の決定時間にかけて上昇(円安)します。

ここでのポイントは9時55分に仲値が決まるということと、ゴトー日にはドルを安く仕入れておいて顧客に高く売りたいという金融機関の動きが活発になるため、仲値にかけてドル高の動きになりやすいので、早い段階でドル買いを仕掛けておくというものです。

ちなみに仲値が決まってしまうと一気にドルが捌かれてしまう可能性が高いため、遅くても買いで仕込んでおいたドルは9時54分には決済しておいた方が無難と言えるでしょう。

続いて15時にオープンになるロンドン市場についてですが、この時間帯は投機筋の取引が非常に活発になるので、その動きに便乗して大きく値が動く可能性が高い時間帯です。

大きく買い方向に動いたかと思いきや、それを全戻しするような動きがあったりと、素人の方がこの時間帯にレバレッジを張った取引をすると痛い目に遭うことが非常に多い時間帯であったりもします。

日本時間とは違い、ボラティリティも高いので安易に手を出すことはお勧め出来ません。

この時間帯に関してはいくつかの値動きのパターンがあるのですが、それに関してはまた後日、詳しく記事にさせていただきますね!

そして21時になるとニューヨーク市場がオープンします。

この時間帯が1番、市場参加者も多く、ボラティリティも高くなりがちです。

ニューヨーク時間に注意すべき点は、経済指標の発表や要人の発言が非常に多いということです。

現アメリカ大統領のトランプさんの発言があったり、雇用統計の発表があったりと、波乱含みの展開になることも多く注意が必要な時間帯でもあります。

どの時間帯にエントリーをすれば良いのか?

ここまでの内容を踏まえて『じゃあどの時間帯にエントリーすれば良いの?』

という疑問を抱いた方がいらっしゃるかと思います。

私の考えとしては『どの時間帯でもエントリーは考える

という回答になってしまうのですが、エントリーをする際に、というより朝起きてから必ず確認することがあります。

それは1日の経済指標の発表や要人発言の時間をチェックしておくということです。

これは毎朝、必ず確認します。

毎朝です。

経済指標や要人発言にその時の相場環境などは一切関係なく、それが注目度の高い内容であればあるほど、それまでの勢いを加速させる動きや、トレンドを終了させ反転させるほどの力を持っているからです。

ですので『どの時間帯でもエントリーを考えはするが、経済指標の発表前や要人発言前には持っていたポジションを決済して、新規のポジションを持たないようにする』

というのが私のマイルールです。

いかがでしたでしょうか?

今回はFXにおける各時間帯ごとの動きや、エントリーに関しての小話などについてお話しさせていただきました。

何度も繰り返すようですが、エントリーを検討する前には(本来であれば朝起きてから真っ先に確認するのが好ましい)経済指標の発表や要人発言が無いのかをきちんと把握してからエントリーを検討することをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です