FXでブレイクアウト手法を使う際の注意点とは?優位性やリスクはいかに!?

Pocket

数多くあるFXの手法の中で、今回は『ブレイクアウト手法』について記事にしていきたいと思います。

ブレイクアウト手法とは?

まずは『ブレイクアウト手法』がどのようなものなのかをお話ししていきたいと思います。

ブレイクアウト手法は『レンジブレイク』と『大事なラインをブレイク』した時に主に用いられます。

まずはレンジブレイクした際のブレイクアウトについて図にしてみました。

赤のライン間がレンジ内です。

上の図でいうと、レンジを突破した青○がレンジブレイクをしたポイントになります。

ずっと続いてきたレンジ相場が、上のレジスタンスラインを突破して、レンジブレイクをしたということになります。

次に、『重要なラインを突破したことによるブレイクアウト』についてです。

ずっと突破されてこなかった重要視されていたレジスタンスラインが突破され、ロールリバーサルラインに転換したということです。

青○からトレンドが発生したと見るトレーダーも非常に多いです。

以上の2つがブレイクに関しての内容になります。

ブレイクアウト手法を用いる際の注意事項

一番最初にお話ししておきますが、ブレイクしたからといって、すぐにその相場に飛び乗ってしまうというようなことは絶対にNGです。

トレードには『ダマシ』という言葉があり、一瞬、ブレイクしたかのように見えた場合でも、またすぐに元に戻ってしまったり、他のトレーダーにあえて損切りをさせることによって、プライスを加速させてその動きに便乗しようとするトレーダーも数多くいます。

どのようなことかというと、まず重要なラインであると見られているであろう上段の

レジスタンスラインにプライスが到達した際に赤○で売りの注文が入ります。

この際の損切り設定はラインをブレイクしたポイントに設定するトレーダーが多いです。

その後、ラインを抜けてブレイクしました。

そうすると赤○で入っていた売り注文の損切りをするトレーダーがいるのでプライスが伸びます。

原理としては、売り注文を解消すると買いポジションが増えるからですね。

しかしその後、上昇の流れが加速することなくまたライン内に戻ってきてしまいました。

これが俗にいう『ダマシ』といううやつです。

上昇に転換したと見せかけておいて、買いポジションを持ったトレーダーの損切りを狙い大量の売り注文を入れることで、買いポジションを持ったトレーダーの動揺と損切りを誘い、プライスを加速させようという狙いです。

ですので、先程まで説明してきました青○のようなレンジブレイクの起点となったようなポイントではエントリーをせずに様子見に徹してくださいね!

ではどのようなポイントでエントリーすればいいのか?

ここからは『じゃあどこでエントリーをすればいいのか?』ということに絞ってお話ししていきたいと思います。

まずはブレイクしたら様子を見ましょう。

そしてロールリバーサルラインまで戻ってくるのをただ、ひたすら待ちます。

もしここで、ロールリバーサルラインまで戻ってこずに、そのままプライスが伸びていってしまった際は、ブレイクアウト手法でエントリーをするのは見送りましょう。

これが一番大事なのですが、そこで焦ってエントリーをしなくてもまたいずれ必ずチャンスは訪れます。

なので、ブレイクしたから『エントリーしないと勿体ない』などと思わずに勇気を持って見送るというのも大事な選択肢です。

ブレイクした初動(青○)はスルーして、ロールリバーサルに押し目を付けに来たところでエントリーをするように心がけましょう!

基本的に私がトレードをするときには、初動を狙うということは一切していません。

もちろん初動から狙っていった方が利益も多く取れますし、それにこしたことはないのですが、数多くの検証を行った結果、優位性に欠けると判断したためです。

トレードの格言で『頭と尻尾はくれてやれ』という言葉があります。

最初から最後までを狙うのではなくて、確実にpipsが取れる美味しいところのみを狙っていきましょうということですね!

いかがでしたでしょうか?

今回は『ブレイクアウト手法』について記事にしてみました。

原理としては非常に単純で、わかりやすいものであることは確かなのですが、だからこそ初動を狙いに行ってしまうと『ダマシ』に遭いやすく他のトレーダーのカモにされてしまいがちです。

数多く検証を行って、自分の鉄板パターンの1つに加えて頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です